政治資金オンブズマン

「国会議員のカネ」ウォッチャー募集 ~収支報告書を入手し、チェックしよう~

1.法律違反または脱法のチェックポイント

(1)公職選挙法199条1項違反または脱法

公共工事等を受注している企業は「当該選挙に関し」寄附をしてはならない。
・公共工事を受注している企業が献金しているか。
・ある年だけ多くしていないか(パーティー券も含む)。
・50万円を超えて政党支部に寄附をしていないか(旧法だと資金管理団体に50万円を超えて寄附すれば、違法だった。しかし、支部だといくらでも出来る。このチェックが必要)。

(2)政治資金規正法違反または脱法

① 収入面のチェック
イ.法22条違反または脱法
個人は資金管理団体に150万円を超えて献金出来ない。しかし、ペーパー、トンネル団体を通じて150万円以上寄附を受けているケースが多い。
ロ.政党支部に150万円を超える場合、要チェック。今まで政党、支部にしていないのに、突然し始めた時は何かある。
ハ.法22条の3違反または脱法
国から補助金、利子補給金等を受けている企業は、政治献金は1年間に限り出来ない。このような企業はないか。
ニ.法22条の4違反または脱法
3事業年度以上にわたり欠損が生じている企業の献金はないか。
ホ.法22条の6
他人名義または匿名での寄附はないか。

(3)支出面のチェックポイント

法12条の収支報告書の支出を見ないと判らない。
・市民の常識からみて非常識な支出はないかチェックする。
・政治団体への寄附先等も要チェック。

2.国会議員の収支報告書の入手の仕方

(1)政治資金規正法20条の「要旨」を先ず入手する。総務大臣または都道府県の選挙管理委員会は国会議員等の法12条に定める収支報告書の提出があった時は、その要旨を公表することになっている。総務大臣の要旨の公表は、毎年9月中頃の「官報」、都道府県の選管の要旨の公表は、毎年10月から11月頃の「公報」にある。
※ 松岡利勝国会議員の例(別紙)
(2)この要旨だけでは、詳細が判明しないので、総務省または都道府県の選管に行って(または文書で)法12条に定める収支報告書をコピーまたは閲覧する。

3.何をチェックするか

(1)収入面

①企業献金(政党支部のみ)
・公共工事を受注している企業(要旨で判る)
・いつ献金をしたか(法12条の報告書を見ないと判らない)
・50万円を超える金額があるか(旧法では献金しては違法だったのに、支部だと許される)。
・毎年毎年していても、特に増えた年があるか(公共工事の受注のお礼の可能性あり)。

②政治団体からの寄附のチェックポイント
どのような団体のひも付き議員か判る。

③個人の寄附のチェックポイント
国会議員の資金管理団体、支部、後援会に寄附をしていると150万円を超える(法22条違反または脱法)。

(2)支出面

①人件費
・ゼロに近い → ペーパー団体
・ある年だけ多い → 明細を書く必要がないので、ここで裏金が作られている可能性大

②政治活動費
イ.組織活動費
法12条の収支報告書の明細を見ないと判らない(飲み食い等が紛れている。これが闇に消えている)。
ロ.調査・研究費
これは適当に書いている。ひどい例を捜そう。料理屋で調査・研究も多い。
ハ.寄附・交付金
この寄附先が国会議員のリンク団体である。自分の後援会、恫喝国会議員宗男が松岡に交付したカネ等の記載あり。

Pocket